副業でWebサイト制作を行うメリット

ネット副業の一つに、「Webサイト制作」という物があります。
では、そのメリットについて見ていきましょう。

一つ目は、「年齢にかかわらず、スキルがあれば案件を請け負える」。
例えば40代で実務経験がなくても、スキルを証明することができれば案件を請け負うことができます。
では、どのようにスキルを証明するのかということですが、「知り合いのWebサイトを作り、それを見せる」などという方法があります。

二つ目は、「いろいろな仕事に展開できる」。
Webサイト制作の作業が一人前にできるようになるには、「Webデザイン作成」「バナー作成」「コーディング」「ディレクション」など、様々なスキルが必要になってきます。
言い換えれば、それらのスキルが身に付けば、様々な案件に対応可能になるということです。
一見すると大変そうに思えるかもしれませんが、いったん何もない状態からWebサイトを作るということをやってみれば、それらのスキルは自然と身に付いているはずです。

三つ目は、「パソコンさえあれば、どこにいても仕事ができる」。
リモートで作業ができるので、自宅でもカフェでも仕事ができます。
極端な話、クライアントと一度も顔を合わせたことがなくても、チャットのみで仕事を進めるということもできたりします。
むろん、案件によっては打ち合わせの必要が出てくることもありますが、それもたいてい1~2回で済み、後はメールやチャットだけで仕事を進められます。

四つ目は、「難しすぎない」。
簡単ではないものの難しすぎないということは、0からマスターするには重要な点です。
例えば、プログラミングならスキルがあれば高単価の案件を請け負えますが、初心者がそうなるまでに挫折せず辿り着けるのか、という問題があります。
phpやjavascriptの本を買ったとしても、初心者にとってはかなり難解です。
しかし、Webサイト制作であれば極論ホームページが作れればよいので、到達点がイメージしやすいのです。
むろん、一定水準に達するにはそれなりに時間がかかりますが、それが差別化にもつながります。

五つ目は、「投資費用があまりかからない」。
副業において、あまりに投資費用がかかる物は容易に手が出せませんが、Webサイト制作は自分のスキルを売る仕事なので、「スキルと作業環境さえあればいい」ということがいえます。
スキルを身に付けるための費用は、本やスクールなどだけですし、独学でも案件を請け負うことは十分に可能です。